« DIZZY MIZZ LIZZY REUNION TOUR 2010 IN JAPAN レポート 名古屋編 | メイン | DIZZY MIZZ LIZZY REUNION TOUR 2010 IN JAPAN レポート 川崎編 »

DIZZY MIZZ LIZZY REUNION TOUR 2010 IN JAPAN レポート 大阪編

■5/6(木)ライブ2日目 大阪BIG CAT

osaka1.jpg
Dizzy Mizz Lizzyの再発CDや楽譜はこちらで

15:30頃、会場のBIG CATの前まで行くと
サウンドチェックの音がわずかに聴こえてきたが
何をやっていたかはわからなかった。
今日はグッズの先行販売の告知もあり。
すでに一部の商品は売り切れのため通販対応もしていた。
なかなか売れ行きは良いようである。

ちなみにグッズはTシャツ2種4色、
トートバッグ、 バンダナ4色である。
ワインレッドとグリーンのTシャツが特に人気のようだ。
これは主催者側のアイデアあったという。
サイン会の当選枠は40名となりチャンスが増えた。
グッズを買うためか早めに来るファンも昨日より多かったようだ。

18:00に開場したが平日のせいか客入りは半分くらい。
一瞬不安がよぎったが開演直前にはほぼ満員となった。
平日に800人の会場を埋めたのはある意味驚きだ。
昨日に比べると観客は倍くらいになるから
さらなる盛り上がりを期待せずにはいられない。

この日もほぼ定刻でスタート。
TimはRAINBOWの闇からの一撃Tシャツで現れた。
今日も愛器ストラトで一撃も二撃もくらわせて欲しいものだ。

スタートすると前方の客の激しさはさすが大阪といった感じ。
セットリストは昨日カットされたlove me a littleが演奏されて、
アンコールは2回に分けられた。
ドラムソロ的なパートもあったかと思う。
TWO OF YOUではソロ曲Follw my leadのフレーズに
5人くらいが声を出して反応していた。

照明はやや派手さに欠けるものの
キレイにまとまっていた。
サウンドについては昨日より
たいぶ抜けが良く広がりがある。
どの音もハッキリと聴こえてきた。
爆音での迫力にこだわるのはなく
バランス重視なのは嬉しかった。
あとで耳が鳴るか鳴らないかの
ギリギリの大きさが絶妙である。

この日、Timをはじめとしてメンバーは
明らかに余裕が感じられた。
昨日の前半は堅いなと思うところもあった。
Timはステージが広いせいもあり、
跳ねたりくるくる回ったりと
激しいアクションも増え、
おちゃらけた仕草も頻繁に見せた。
カッコイイと同時にカワイイところもあるのは
女だけでなく男からも魅力的に映る。
それでも演奏はさらに鋭くなっているのだから大したものだ。

あとはやはりジャムパートやギターソロなどの内容が少し違って
長めに演奏されていた。
全体的には昨日とほぼ一緒。
大阪のオーディエンスもよく歌いよく跳ねた。

終演後にメンバーやマネージャーと
少し話すことができたが、わりと疲れている様子。
明日はライブがないのでしっかり休んで
川崎ではさらに強力な演奏を見せてもらいたい。
関係者の方もホーム川崎はさらに良くなると断言されていた。

timglo.jpg
Tim Christensenの貴重な廃盤CDはこちらで

この日、個人的に嬉しかったのは
昨日私がバンドに渡したもの(特注リストバンド)を着けていたこと。
Timとsorenは今日のライブ中もつけていたらしいが
Timだけは川崎後もずっと着けていたらしい。

またFACEBOOKでも当ファンサイトを紹介してくれて、
「Lovely and Loyal」との言葉もいただいた。
これには応援してきた日々もやっと報われた感じ。
以前にもTim公式でリンク掲載してもらったことはあるが。

fansite.jpg
Dizzy Mizz Lizzyの再発CDや楽譜はこちらで

どんな状況であれ、希望を持ち、行動を継続することの
大切さをバンドやファンに逆に教えてもらった。
サイト更新はあまりしないまでも 閉鎖するつもりはなかったし、
時間が取れない中で、更新や管理が楽な
mixiやTwitterに一部を移して継続したのも 今思えば良かった。

来日期間中もファンサイトやMixiコミュを
ずっと参考にしてましたと何人もの方に声をかけていただいた。
直接そう言ってもらえるのは本当に嬉しい限り。
Dizzyは素晴らしい演奏だけでなく、
新しい仲間たちとの出会いも与えてくれた。

漫画家の浦沢直樹も感銘を受けたらしいが
あのローリング・ストーンズのキース・リチャーズの言葉がある。
「墓標には、過去の遺産を未来に受け継いだ男、と刻んでくれ」と。

浦沢やDizzyは受け継ぐだけでなく新たなものを創造しているが、
私もせめて、これからも本当に良いと思うモノを
少しでも広めていければいいなと思う。
もちろんDizzyや音楽に限らず。

個人的には一番気持ちよく騒ぐことができた
大阪も無事に終わったので遠征は終了。

【Setlist】Dizzy Mizz Lizzy 2010.5.6 Osaka

===================
Dizzy Miss Lizzy
-----------------------------
Outro
Thorn In My Pride
Find My Way
Barbedwired Baby's Dream
For God's Sake
Mother Nature's Recipe
Hidden War
When the River Runs Dry
Hidden War
...And So Did I
Rotator
Run
Love Is a Loser's Game
11:07 PM
Wishing Well
67 Seas In Your Eyes(incl.Ds.solo)
Waterline
Glory
------------------------------
Love Me A Little
Silverflame
------------------------------
Two of You
====================


いよいよラストラウンドの川崎編へ続く。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.timglory.net/x/mt/mt-tb.cgi/187

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年05月29日 13:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「DIZZY MIZZ LIZZY REUNION TOUR 2010 IN JAPAN レポート 名古屋編」です。

次の投稿は「DIZZY MIZZ LIZZY REUNION TOUR 2010 IN JAPAN レポート 川崎編」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35