« Dizzy Mizz Lizzy Live in Concert 2010 Reunion Tour [2CD+DVD] 4/27国内盤発売! | メイン | 【Tim Christensen And The Damn Crystals】ライヴレポート① 2012年10月5日(金) 大阪公演 心斎橋soma »

【Tim Christensen And The Damn Crystals】ソロ初来日実現までの舞台裏

tim_tdc.jpg

"Tim Christensenの廃盤になっていた1st、2ndが廉価版で再発(初回限定)!詳細はこちら"


どうやらTim Christensenにとって暑さの落ち着き始めるこの時期は以前から重要な動きが多いようだ。彼の儚げで物哀しいメロディーも真夏よりは初秋がお似合いでもある。 

今からちょうど2年前の2010年9月29日、Timの敬愛するジョン・レノンのミュージアムの閉館より1日早く、期間限定再結成のDizzy Mizz Lizzyが、聖地CLUB CITTA'川崎にてグランドフィナーレを迎えた。もはや言葉も出ないほど見事な大往生だったわけだが、そこで演奏された「Surfing The Surface」と「Love Is A Matter Of ...」というソロ作品からの2曲が未来への希望の種となった。

実は、5月の1回目の公演から時期が近かった為、関係者からは違う曲の演奏も要望されていたらしい。しかしTimは、日本だけ違う曲を組み込むには時間が足りないし、完成されたショウの流れが変わってしまうことを懸念した。また、自身のソロ曲を入れるとすれば、他の2人のメンバーにも失礼だと考え、1回目と同じ内容で行うと決めていたという。
しかしその一方で、Timは今のツアーバンド(後のThe Damn Crystals)がとても素晴らしいので、なんとか日本でもソロ公演を実現したい気持ちもあった。ここでもしソロ曲を披露して反応が良ければ来日実現に近づくかもしれない。そのTimの心の葛藤を感じ取ったMartinとSorenの2人がTimの背中を押したという。3人も歳を重ね、大人になったということだろう。一度壊れてしまった絆は、より強く結び付いていたのだ。再結成が大成功した理由はこの辺にもある。

その後、11月にDML再結成ツアーを総括したCD+DVDが発売され、ファンが余韻に浸っている中、年明けの1月末にいよいよTimたちはスタジオ入り。

tcdc_cd.jpg

"Tim Christensen And The Damn Crystals 初回限定デラックス盤(2枚組)詳細こちら"


しかし、日本ではとんでもない事態が起こる。3月11日の東日本大震災。特に直接的な被害に遭われた方々は音楽どころではなかったはずだが、震災後すぐにTimから届いた心配と励ましのメッセージに勇気付けられた人もいたのではないだろうか。Tim「My heart goes out to all my dear friends in Japan.」。放射能の問題もあり来日を避けたいと考えたアーティストは何人もいたが、Timはむしろ来日したいという想いが強くなったかもしれない。改めてTimの日本のファンへの愛情を感じるエピソードである。

いよいよ8月末に新作は11月発売とのアナウンスがされ、10月には先行シングルの「Surprise Me」が公開。前作になかったダイナミックなロックチューンに期待が高まる。この頃にはすでにバンドは「The Damn Crystals」と命名されていた。「いまいましい⇔結晶」つまり「完璧なものなどない」ということを象徴していると言う。バンドとのコラボレーションを通して、孤独な完璧主義者からの脱却を図るTimには相応しい名前である。

11月25日についに新作が本国デンマークで発売となる。中でもタイトルトラックは11分もある圧巻の構成で、しかも1曲目にもってきてしまうあたりはセールス的には無謀な自殺行為とも取れるが、作品の質を重視する彼らしい勇気ある選択だ。デンマークのiTunesStoreでは見事に2週連続の1位を獲得したが、この時点で日本盤は発売未定。しかし、その裏で日本からの注文がレーベルに殺到していたという。そして日本の某輸入盤店では2011年で1位の売り上げを記録した。希望の種は着実に芽を出し始めていた。

バンドはいよいよ1月下旬からツアー開始。2月には喉の不調で延期した公演もあったがほぼ順調にこなしていく。国外ではオランダ公演も決定。

3月に入り突然、日本盤と来日公演に関する記事が掲載され、その後、5/23にアルバム発売決定、そして、4月下旬に来日が正式に発表!日本盤は発売されると洋楽チャート7位に登場という快挙を達成!来日チケットも渋谷公演が即日完売する人気ぶり。さらに来日記念盤として未発売だった名作の3rdもようやく発売となった。

夏場のフェス出演、9月末に初のグリーンランド公演を終えて、バンドはついに日本へと降り立った。いよいよTim Christensen And The Damn Crystalsの日本ツアーがスタート!果たして2年前に植えた種はどのような花を咲かせるのか、期待せずにはいられない!

※次回は来日公演初日、大阪心斎橋somaでのライヴレポートを掲載します。お楽しみに!


CLUB CITTA' PRESENTS
「TOUR 2012」

ティム・クリステンセン&
ザ・ダム・クリスタルズ 
from デンマーク

2012年
10月5日(金)
会場:心斎橋soma
OPEN 18:00 / START 19:00
【オールスタンディング】
◆主催:ミューベンツ・ジャパン
◆INFO:Kyodo Information 06-7732-8888

10月6日(土)
会場:CLUB CITTA'
OPEN 17:00 / START 18:00
【全席指定】600席特別限定
◆主催:bayfm78「POWER ROCK TODAY」
◆INFO:CLUB CITTA' 044-246-8888

10月7日(日)THANK YOU SOLD OUT!!
会場:SHIBUYA-BOXX
OPEN 16:00 / START 17:00
【オールスタンディング】
◆主催:bayfm78「POWER ROCK TODAY」
◆INFO:CLUB CITTA' 044-246-8888

前売:¥ 6,000-(税込)
※入場の際にドリンク代\500が必要となります。

Tim_flyer.jpg

"Dizzy Mizz Lizzyの再結成DVDやリマスターBOXセット、貴重な楽譜はこちら"


Surprise Me - 'Tim Christensen & The Damn Crystals'

Wiser (Acoustic) - 'Tim Christensen & The Damn Crystals'

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.timglory.net/x/mt/mt-tb.cgi/195

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2012年10月15日 06:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Dizzy Mizz Lizzy Live in Concert 2010 Reunion Tour [2CD+DVD] 4/27国内盤発売!」です。

次の投稿は「【Tim Christensen And The Damn Crystals】ライヴレポート① 2012年10月5日(金) 大阪公演 心斎橋soma」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35